トップ / マンションへの投資で注意する点

マンションへの投資で注意する点

投資をする上での注意

税金

マンションへの投資と老朽化

マンションへ投資をする際に気をつけておかなければならないのが老朽化です。当然のことなのですが、建物は永遠に維持できるものではありません。このことは常に頭に入れておかなければならないことですし、物件を取得する前から把握しておかなければならないことです。老朽化すると言うことは、修繕しなければならないことを意味します。短い期間で修繕しなければならないものもありますし、長期的な周期で修繕しなければならないものもあります。たとえば大規模な修繕は10年から30年の周期で行わなければならず、そのために投資による利益が圧迫されることもあります。

マンションは老朽化に注意

マンション投資はローリスクでありながら安定した家賃収入を見込めるので人気ですが、注意すべき点を守らなければそのリスクに陥ってしまいます。その一つが老朽化です。いくらマンションであっても崩れそうな建物や汚れた室内に住みたいという人はいません。空室の際は定期的なメンテナンスをオーナーが行う必要があります。不動産会社などに賃貸の業務を委託する場合、管理も業者が行ってくれることもありますが、確実ではないので尋ねておきましょう。資産を常に得られる投資物件としての価値を維持するためには地道なケアが大事です。

↑PAGE TOP