トップ / 投資を副業や専業で行う

投資を副業や専業で行う

投資で資産を獲得

税金

マンション投資で年金を補完

現在では人口の減少傾向が続き、高齢化で年金に対する不安が高まっています。そんな中、マンションなどの不動産投資を副業や専業で行う人が増えてきています。経費をなるべく抑えて、空室率を下げる工夫が出来るよう指南してくれるコンサルティング会社なども増えてきています。マンションなどの不動産は、資産にもなりますし、不動産投資は安定した収益を得ることが出来る可能性が高く、年金を補完するのにも適しています。副業の場合には、管理を一任出来る会社も多数ありますし、低金利の現在は、ローンを組んで物件を購入するのにも適しています。

マンションで経費にできる費用

マンション投資を行う際、気をつけなければいけないのが建物のメンテナンスです。特に入居者がいない時は定期的にオーナーが掃除や点検を行わないと、入居希望者が現れた時に悪い印象を抱かれかねません。この時の費用が経費として税金にマイナスすることが可能です。但し明らかな修繕ではなく、新しい設備を取り付ける等の場合は経費ではなく資産として計上される場合もあり、その時は資本的支出と認定されます。例えば20万円以下の費用であれば修繕費として認定されることが多いです。投資の為とは言え、マンションに必要以上のリフォームやメンテナンスを行う際は注意しましょう。

↑PAGE TOP