トップ / 手形割引の利用法ガイド

手形割引の利用法ガイド

手形割引のシステム

税金

手形割引の基本的な流れ

手形割引とは、会社が商品を売ったりサービスを提供したときに、それを買った相手が現金の代わりに手形を振出し、それを受け取ります。そして、金融機関や銀行以外の業者がその受取手形を支払期日の前に買い取って現金化することをいいます。手形の期日まで現金化しなければよいのですが、期日の前に手形を現金化するので、その期日までの金利を割引料として差し引かれます。これを手形割引といい、金融機関や銀行以外の業者は、期日に取立決済を行い資金を回収するわけです。

↑PAGE TOP