トップ

集合集宅の投資について

不動産投資の種類

税金

マンション投資はリスクが小さめ

不動産投資には様々な種類が存在していますが、中でもマンションなどの集合住宅を選択すると比較的ローリスクかつ相応のリターンが見込みやすいといわれています。ただし、一棟丸ごとの場合だけでなくマンションやアパートの一室だけであったり、付属している駐車場などへまとめて投資する例も想定され、規模に応じて運用と管理事情に差が生じる事から、確実に利益へ繋がるという保障はありません。また、周りから受ける影響を考えつつそれなりの知識を得ておかないと結果的に利益が出ない可能性も考えられる他、自然災害や事故が発生した場合の損失リスクは常に存在する点に注意が必要です。

ローリスクならマンションを

マンション投資は、株など他の方法と比べるとローリスクで行うことができる資産運用です。特徴はまず、中でも金利が最も高いことで、5%の金利となっています。またマンションという建物は、人の住む場所としての価値があり、余程の物件でもない限り、誰も済まないことはありませんから、ミドルリターンと呼ばれる安定した収入が見込めるのです。そして自分の資産としてだけではなく、家族や子孫へ残せる遺産としての価値もある投資です。特に家族や子孫は、新たに建物を購入する必要がないので、家賃だけを受け取り続けることが可能です。

↑PAGE TOP